社員教育に必要な準備とは?

これからの会社を担う社員を育てるには?

会社にとって社員はこれからの会社経営を担う大切な宝です。
親が責任を持って子供を育てるように、今後の会社の未来を支える人材を育成する上で社員の知識や技術力を向上させる上で、社員研修は決して欠かせないものなのではないでしょうか?
ですが「あれもこれも教えたい」と必要なこと全てを教えるのは時間も掛かるし、それだけ労力も時間も費やしてしまいます。
効果的に社員研修を成功させるには「全ての社員に必要な要素」を目標に設定することが大切です。あとは配属される部署によって覚えることが変化してくるからです。会社内部の全てを教えようとすれば無理が生じてせっかくの社員の「やる気」が発揮されません。
社員がやる気を起こして「頑張ろう」という気持ちを奮い立たせることが社員研修の大きなポイントです。

社員研修の講師はベテランではなく中堅に

社員研修には当然生徒となる社員と先生となる社員が必要となりますよね。
生徒は新人であることがほとんどでしょうが、教える立場の先生はベテラン社員が担うことがほとんどだと思います。
ですが、先生の立場をやっと1人前に仕事ができるようになった中堅クラスに任せてみましょう。「教える」という立場は仕事をしっかり理解している必要があるので、中堅クラスにとって「教うるは学ぶの半ば」自分の仕事への再認識、スキルを確実に向上させることができるようになります。
社員の意識レベルを同時に高めることができるのは、会社にとって大きなプラスとなるのではないでしょうか?
社員研修によって一石二鳥・一挙両得の効果を得ることができるよう、効果的に活用することが大切なのかもしれません。